【写真講座vol.3】グリッド機能をONにする【初心者向け】

 

こんにちは!ピノスタジオのmahoです

『ピノスタジオ写真講座』と題しまして、
写真の撮り方のコツや、編集方法についてブログを書いています!

前回の記事は『背景までこだわってみる』

簡単に誰でも写真のクオリティを上げる方法をご紹介しているので
前回の記事も合わせてご覧ください😊

 

『グリッド機能でバランスよく』

「写真のバランスがなんか微妙、、、」

「真上から撮る時ゆがんでしまう、、、」

そんなお悩みを持っている方に

誰でも簡単にできるカメラアプリの機能をご紹介致します!

 

STEP1:グリッド機能をONにする】

 

「写真のバランスがなんか微妙、、、」

「撮りたいものが斜めになってしまう、、、」

そんな方におすすめしたい機能が「グリッド機能」です!

 

グリッドとは、

撮影画面に縦、横に真っ直ぐな線が交差し、9コマのマスで
写真のバランスを補助してくれる線のことを言います。

 

 

 

この9コマのマスに写真を合わせると被写体の平行や水平を保ち、

バランスの良い写真を撮影することができます💡

 

こちらのグリット機能は設定をONにすると使用することが可能です!

 

 

【設定】【カメラ】【グリット】

の順でタップすると先程のグリット線が出るようになります。

 

STEP2:中心に合わせて撮影する】

 

グリッド線が設定できたら、カメラアプリに戻ります。

 

 

 

グリッドに合わせて様々な構図で撮ることは可能ですが、

第一歩として、まず中心に被写体を持ってきましょう!

 

 

 

左右上下の余白が程よく、バランスが良くなりました。

SNSの写真に統一感を持たせたい方などは特に同じ画角、同じバランスで写真を撮ることが重要。

ぜひ自分の決まった画角をグリッド線を見ながら撮影してみてください!

 

STEP3:俯瞰で水平を保つ】

 

カフェやご飯、コスメなど俯瞰(真上からカメラを構える画角)で撮ると
写真がおしゃれになりますよね!

しかしなかなかテーブルと水平を保つことは難しく、
なんとなくバランスの悪い写真になってしまうことも。

そこで先程のグリッド機能を活用することで、バランスの良い写真が格段に撮りやすくなります。

 

 

 

グリット機能をONにしてカメラを水平に持つとカメラ画面の中心に

白と黄色の十字が出てきます。

この2つの色の十字が合わさるところでシャッターをきると

カメラと地面が水平な写真を撮ることが可能です。

 

 

 

水平からずれると白い十字から黄色い十字が離れていきます。

 

 

 

ピッタリ合わさったところでシャッターを切ると

 

 

 

このように歪みがない、地面とカメラが水平な写真に。

更にグリット線を意識することでバランスよく撮影することが可能です。

 

STEP4:完成!】

 

先程撮影した写真を以前ご紹介した

『写真を明るくする方法』で編集すると、、、

 

 

完成!

どちらも上下左右の余白や水平・平行のバランスの取れた写真に仕上がりました。

 

iPhoneAndroid共に標準の機能になるので、

ぜひ早速「グリッド機能」をONにして昨日よりもステップアップした

写真を撮影してみてください😊

 

 

今回使用したピノスタジオは『漆喰』

ほどよいニュアンスがあり、オールジャンルの撮影におすすめです!

ぜひピノスタジオで素敵な写真ライフを!

コメントを残す

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


You may also like

すべて見る
Example blog post
Example blog post
Example blog post